BLOG

リアルにあって、オンラインに足りないもの

コロナの影響もあり、お仕事のはじまりから終わりまで、オンラインで完結するようになった。

オンライン会議ツール、様々なメッセージツール、クラウドシステム、とにかく便利なものが増えたと思う。

特に私はネットの恩恵を100%受けて、お仕事をさせていただいているけど、

これだけはリアルに敵わない、追いついていけてないなぁ・・・と以前から思っている事柄がある。

それは『仲直り』です。

オンラインで仲直りって、すっご~い、しにくくないですかね?

 

会社でたとえてみれば、

なんとなく険悪な雰囲気になった相手でも、出社して挨拶して、おなじ空間を共有していると、なんとな~く、険悪さがなくなっているようなことがないでしょうか。

(※なんとな~くっていうのが、ミソですね)

そんなときは「まぁ、自分もちょっと忙しくてカリカリしてたかもな…。」なんて反省する。

飲み会で、ちょっとやらかした奴がいても、翌朝また顔を合わせたら、なんとなく許せちゃうことってないですかね。

「お前、きのうひどかったよ!」の一言で、全然済まされちゃう。

リアルには、曖昧さがあるんですよね。

 

でも、これがオンラインとなると、相手のちょっとした一言が許せなくてブロックしたり、友達じゃなくなってたりする。笑

で、インスタントに

切った側と:切られた側

という、構図が完成しちゃうことも、問題なんだと思います。

 

リアルでやったら、そうはいかない。

反撃に出られる可能性があるもんね。

 

すべてのひとたちとは、必ず生き別れるか死に別れるかするわけだけど、

なんというか、もっともっと、ネットも曖昧になればいいのに。と思うな~~。

 

仲直りボタンとか、実装されるといいのにね。

でも日本人は、仲直りボタンって書いてると、押さなさそうだから

元気してる?ボタン

とかあるといいんじゃないでしょうかね。

 

では!

-BLOG
-

© 2021 ぽろみランド